ブラックフライデー 年末商戦の客足は薄い米国

日本ではまだなじみがうすいですが、米国・英国では、12月末の金曜日(ブラックフライデー)は年末商戦の始まりです。

電子機器、衣類や他のクリスマスプレゼントに関して、米国の小売業者やショッピングモールでの客足は例年に比べ薄かったようです。

A worker carries a television for a customer who made a purchase during Black Friday Shopping at a Target store in Chicago, Illinois, United States, November 27, 2015. REUTERS/Jim Young

ロイターが伝えています:http://www.reuters.com/article/2015/11/28/us-usa-holidayshopping-idUSKBN0TG19S20151128#lWLtkECdcXtepus3.97

ベストバイやウォ​​ルマートなどの主要な小売銘柄は、株式アナリストのプロモーションにもかかわらず値を下げました。

バーゲンハンターは、前の年に比べて比較的少ない客足でした。

いくつかの店舗ではむしろブラックフライデーまで待つよりも、木曜日の夕方買い物をしていました。

小売業者は、「年間を通して彼らのプロモーションを広げることによって、消費者のために切迫感を取られ、私たちが見ていることはその結果であるしている、 “ジェフ・シンプソン、デロイトでの小売プラクティスのディレクターは述べています。

休日のショッピングの20%は、今年の感謝祭の週末に行われることが期待されるとアナリストは述べています。

しかし、4日には、シーズン全体のための強力な指標とみなされていません。

スロースタート、昨年12月の最後の10日間で、より深いプロモーションやショッピングラッシュにつながりました。

ウォルマート社チーフマーチャンダイジング・オフィサーはそれが木曜日の夜にブラックフライデーのお得な情報をキックオフしたので、金曜日の客足が減ったのには驚きはなかったロイター通信に語りました。